角栓の取り方(正しいケア方法)毛穴汚れをスッキリ落とす方法

見た目も汚い毛穴の汚れ「角栓」。角質はタンパク質なので、基本的に油性の汚れを取り除く事ばベスト。毛穴トラブルを改善するためのにもクレンジングの選び方やクレンジング方法、毛穴ケアのポイントなど詳しくご紹介します。

顔を手で触らないように

f:id:tarumaesan53:20170317191620j:plain


31歳、専業主婦です。

母親に指摘され

若いころは肌がきれいなことが自慢だったのですが、25歳を過ぎたあたりから一気に肌に不調が出始めました。
色々なスキンケア用品をたくさん試してがんばっていたのですが、目に見える効果はないままでした。
30歳のときに、母親に毛穴の汚れを指摘されました。
自分では毛穴の汚れは気にしてはいたのですが、人に指摘されて本当にショックでした。
母親が毛穴の汚れに気づいたということは、きっと旦那さんや親しい友人にも気づかれていると思い、毛穴の汚れ対策を真剣に始めました。

キレイな手で顔を触る

色々なスキンケア用品を試したり、スクラブや固形せっけんなどでしっかりお顔を洗ってもなかなか毛穴の汚れは改善されませんでした。どうしてだろうとインターネットで調べたり、美容に詳しい友人に相談したりと試行錯誤していました。
ある日、テレビで韓国の美容特集がされていて、とても肌のキレイな人が、「日中はお顔を手で触らない」と話していて、これだ!と思いました。
普段何気なく顔を手で触ることが多かったわたしは、知らないうちに手のばい菌を毛穴へと移していたのだと気が付きました。
日中は手で色々なものに触れます。
知らないうちに手にはばい菌がたくさん付着しているのです。
お風呂の中や洗顔後のキレイな手以外で顔を触らないように気を付けるようになりました。
とてもシンプルなケア方法でしたが、これが効果絶大でした。2年ほど日中は顔を手で触らないように気を付けているのですが、毛穴の汚れが目立ちにくくなりました。また、吹き出物も出来にくくなったような気がします。

思わず頬杖

日中、手で顔を触らないように気を付けてはいるのですが、無意識に頬杖をついてしまっていることが何度かありました。昔から手で顔を触る癖があったわたしは、この方法をやり始めた頃は日中手で顔を触らないようにすることは少し大変でした。
慣れてしまえば触らないことが当たり前になりますが、慣れるまでが少し手こずります。しかし、毛穴への効果は抜群なので是非試してみて下さい。