角栓の取り方(正しいケア方法)毛穴汚れをスッキリ落とす方法

見た目も汚い毛穴の汚れ「角栓」。角質はタンパク質なので、基本的に油性の汚れを取り除く事ばベスト。毛穴トラブルを改善するためのにもクレンジングの選び方やクレンジング方法、毛穴ケアのポイントなど詳しくご紹介します。

保湿をしっかりとする

f:id:tarumaesan53:20170317191716j:plain


性別:女性
年齢:30歳
職業:専業主婦

化粧をしてもうまくいかない

20代後半あたりからでしょうか、化粧をしても、毛穴が黒く目立って全然うまく仕上がらなくなってきました。
ファンデーションを塗っても、毛穴部分がふさがらなかったり、逆に毛穴部分だけボコボコと盛り上がって見えてしまうのです。
なんとか毛穴を隠そうと思って下地からしっかりと塗ると、鼻だけ白うきしてしまいます。
さらに、厚く塗ったことによって化粧崩れがしやすくなるという悪循環です。これはもう毛穴自体の対策が必要だと感じました。

しっかりと保湿を心がける

毛穴が汚れるのは毛穴が開いてしまっているから、そして毛穴が開くのは肌が乾燥しているからだと聞いたことがあります。
そこで、保湿をしっかりして、毛穴を小さくして汚れが入らなくなるようにすれば良いのではないかと考えました。
そこで、洗顔後はすぐに化粧水、乳液をつけるようにしています。
家の中で過ごしているときは、乾燥を感じたら何か塗るようにしています。
さらに、入浴後は体を拭くよりも何よりも先に化粧水、乳液、クリームをつけるようになりました。
そして、外出時のためにミストも持ち歩きます。お手洗いに行ったときなど、機会があれば顔にシュッシュッとミストを振りかけています。また、部屋自体も乾燥しないように、常に加湿器をたくようになりました。
冬場は乾燥対策としてあえて洗濯物を部屋干しにすることも少なくありません。

化粧品の消費と湿気対策が大変

この方法をとるようになってから、明らかに保湿系の化粧品の消費がはやくなりました。
特にミストに関しては外出中などエアコンで乾燥しているところに行くとすぐに気になって使ってしまうので、消費がはやいです。また、加湿器をたくようになってから、特に冬場は窓の結露が酷くなりました。
うっかりしているとカーテンにカビが生えてしまったりするので、こまめに窓を拭くなど対策を取っています。