読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

角栓の取り方(正しいケア方法)毛穴汚れをスッキリ落とす方法

見た目も汚い毛穴の汚れ「角栓」。角質はタンパク質なので、基本的に油性の汚れを取り除く事ばベスト。毛穴トラブルを改善するためのにもクレンジングの選び方やクレンジング方法、毛穴ケアのポイントなど詳しくご紹介します。

もこもこ泡ならモッチスキン

f:id:tarumaesan53:20170422134604j:plain



性別;女性
年齢;38歳
職業;専業主婦

ママ友の肌の綺麗さに気付いて

いつも仲良くしているママ友とお茶をしていた時、幼稚園からもらったお便りを一緒に覗き込んで見ていた時です。毛穴の汚れなど全く見えず、毛穴自体も目立たないことに気付いてしまいました。この差はなんだろうと思い家に帰ってからまじまじと自分の顔を見て愕然とした。やっぱり毛穴が黒ずんでいると。

モコモコの泡で汚れを落とす

これまでは洗顔クリームを手のひらに乗せお湯を混ぜ指であわ立てて顔全体にのせて洗っていましたが、それでは不十分。あわ立ては必ずあわ立てネットなどを使用するのがおすすめです。
右ききだと、左手はネットの端をつまんで固定し、右手をネットをつまみながら大きく円を描くようにあわ立てます。スピードはゆっくりにした方が泡立ちやすいです。
15センチほどの、モコモコでふわふわな泡ができます。
それを手のひらに集め、2本ほどの指で軽くこねます。
そうするときめ細やかな泡になり毛穴の中まで綺麗にしてくれるはずです。できた泡を顔全体にのせて、両手の指でくるくると丁寧に洗っていきます。目の周りは特に力を入れないように心がけ、逆に小鼻やおでこなどは念入りに洗う方がいいと思います。
念入りと言ってもあくまでも優しく、肌をごしごししてしまわないように意識しながら洗います。
口の周りは汚れが残りやすいので舌を口の中から押し付け、そこをくるくると洗うと汚れが取れやすいと思います。
全体的に洗い終えたらぬるま湯で泡が残らないように綺麗に洗い流します。
髪の毛の生え際や、耳のあたりあごのあたりなど、泡が残りやすいので気をつけます。

丁寧にするには時間が必要

毛穴の汚れを残さないように丁寧に洗顔をするにはとても時間がかかります。
普通に泡立てるだけならまだいいのですが、モコモコでふわふわで、きめ細かい綺麗な泡を作るには慣れも必要ですし、まぁいっか、とならず毎回時間をかけてあわ立てることが必要です。

特におすすめは、モッチスキンの濃厚な泡は最高です。
是非チェックする事をおすすめ